株式会社CSイノベーション 宇宙技術の応用・放射線線量計・ドローン・ものづくりコンサル・燃料電池・空気電池

株式会社CSイノベーションは宇宙技術を応用し、お客様のビジネスにイノベーションをもたらします。放射線線量計・ドローン(無人航空機)・燃料電池

TEL.045-228-8701

横浜市中区山下町24-8 SOHOSTATION1005

ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

安心安全なドローン市場を立ち上げるには?

【ホビーから産業用途へ いまドローンは安全性が問われている】

2017年現在、皆さまもご存知の通りドローン市場は成長期にあり、今後も多種多様な用途での運用が見込まれています。Door to Doorの宅配サービス、プラント監視や橋脚メンテナンス、災害支援など様々、どのような市場が立ち上がって我々の暮らしを変えて行くのか楽しみです。市場規模はセグメントごとに億円単位の試算も多く、期待が膨らみます。

ドローン市場が盛り上がりを見せる一方、ドローンの運用については課題が山積みといえます。実際に日本国内でも発生しましたが、悪意ある人によってテロ行為に使用されたり、落下事故やプロペラむき出しの高速回転による怪我の危険性などが懸念されます。

そもそもラジコンなどホビー用途で楽しまれていたドローンですが、仕事をこなす産業用のドローンとしての活躍が見込まれる現在、信頼性や安全性といった面で、まだまだ技術的に期待に追いついていないというのが現状です。こんなことができたらな、こういう風に使えればよいなというタラレバだけで、単なるブームに終わってしまうのではと思っている人も少なくありません。

我々は安心安全なドローン市場を健全に立ち上げるべく取り組んでゆく考えです。これまで、ドローンについてのメカ設計、制御設計、自律航行制御アルゴリズム開発、航行管理(航空管制)立案などの実績がありますので、実例を挙げながらどうしたら安全安心なドローンをつくることができるのか、ドローン市場を立ち上げることができるのか、提起していきたいと思います。

【安心安全なドローンをつくるために必要なこと】

今回は、安心安全なドローンをつくるには何が必要か、要素に振り分けまとめてみました。実際にドローンを運用する場面において、当てはまる要素ごとにどのような影響を受けるのか一つ一つ予測し課題を抽出し、解決していくことが必要です。つまり、実運用に向けた必要な条件(性能等)の抽出を行っていきます。

<課題抽出のための5要素> ※実際にはもっと細分化していく必要があります。
①人  間:善人(習熟度合い、トレーニング)  悪人(反社会思想、テロ思想など)
②環  境:海、山、平地、市街地⇒高度、塵、水、風速、温度(高温、低温)
③機  体:既存機体性能の把握(機体構造(構成部品含む)、組立方法、制御方法
     通信方法など
④付帯装置:既存機体に付帯する治具(搬送用、農薬散布機器、撮像装置など)
⑤保守管理:管理体制(稼働ごとの内容、定期的実施内容(分解、清掃、交換))

次回以降は、敢えて難易度の高い要素になりますが、『悪意ある人間がドローンを使用した場合』にどのようなことが起こり、それぞれの事象に対してどのように対処していくか整理しながら掲載を進めて参ります。

ドローンを使用したテロについて対策が必要なことはドローン市場創出に係わる方々ならば既にご承知のはずです。難易度の高い課題ですが、2020年東京オリンピック、パラリンピックの直前になってから騒ぐのではなく、今から安全安心なドローン市場創出という観点の中で取り組んでおけば後手になることはないと思います。


UAV・ドローンの未来③ ~航空管制 飛行機の場合~

http://www.flightradar24.com/

こんなシステムがある。
すべての民間機がいまどこを飛んでいるかが表示される。
飛行機のアイコンにカーソル合わせてクリックすると便名と行き先やら機体番号、これまでの航跡などがわかる。
UAVの管制でこれができないはずはない。
このような仕組みを作っていくべきだ。


UAV・ドローンの未来② ~航空管制の必要性~

たとえば、道路にはETCアンテナやナンバープレートの光学読み取りシステムが張り巡らされて
いったん犯罪がおこれば自動車を追跡できる。
スマートフォンやカーナビなどには
GPSによる測位情報をユーザーが意識しないうちに警察や警備会社に通報するしかけが組み込まれている。

同じように、市場で販売されるUAVにも固体識別番号を電子的に与え、
非公開のコマンドを受けると個体識別情報と位置・速度情報を管理者に返信する機能を組み込んだらどうか。
個体識別番号とユーザーを紐付けするのである。

航空管制で飛行機がレーダー受けると識別情報を返すというトランスポンダーの搭載が義務付けられているが
いまflightradar24などで使われているのはASD-Bという1090MHzで飛行機から垂れ流されている信号のようだ。
flightradar24は各地で飛行機からの信号を受けて、それをまとめて表示している。
※flightradar24については次回ブログで説明する。

こういったシステムをUAVに拡張する。

UAVの非公開コマンドで管制当局からのセーフコマンドを受信したらユーザーの操作は無効になるようにする。
識別情報を返さないUAV・飛行機にはスクランブルをかける。
重要施設の周囲には非公開コマンド送信・処理システム、飛行物体検知・捕捉システムを設置する。

地上側の管制システムまで含めて考えていくべきだ。

UAV・ドローンの未来③に続く


UAV・ドローンの未来① ~安心安全なドローンに必要なものとは~

昨今、UAVやドローンがメディアを騒がせている。
ドローンの危険性ばかりがクローズアップされ、政府は規制化を急速に進めている。

本当に安心安全なドローンとは何か?どんな機能が必要なのか?

規制ばかりに目が向いては、UAV利用のビジネスの芽はなくなってしまう。
禁止するよりは攻撃に対して有効な策を立てることが求められるだろう。
そもそも禁止して罰金設定したら飛んでこないというのは極楽とんぼでしかない。

今後、安全な利用を拡大するためには航空管制が絶対に必要になってくるだろう。

UAV・ドローンの未来②に続く